不整脈 心電図 異常なし

不整脈の検査!心電図でも異常なしだったら?

 

 不整脈とは、何らかの要因によって脈拍が飛ぶ症状のことを言います。

 

 不整脈が気になる場合は循環器系の内科を受診することを推奨します。

 

スポンサーリンク

 

 仮に症状を放置して悪化した場合は入院や手術が必要となるケースも存在するからです。

 

 内科での検査は心電図を使用する事が一般的です。

 

 心電図の検査は睡眠時等の脈拍を調べる必要があるために、身体に心電図を計る事が可能な装置を装着して帰宅するのが一般的です。

 

 そして再び病院に受診に行き、検査結果が出た場合に異常なしという診断が下されることがあります。

 

 この場合は心臓の病気が原因ではないと判断されるために、薬は処方されないのが一般的です。

 

 そして検査結果が異常なしと出た場合の不整脈の原因については、様々な事が考えられます。

 

 まず考えられる原因は、睡眠不足によって自律神経が乱れて脈拍が飛ぶことが考えられます。

 

スポンサーリンク

 

 不整脈を起こして、病院で心電図の検査結果が異常なしと出た場合については、様々な要因が考えられます。

 

 例えば対人関係や仕事上の営業ノルマなどのストレスによって、不整脈を引き起こすことが考えられます。

 

 ストレスによって興奮状態になったり、身体の機能が弱るために、脈拍が飛ぶ事が考えられます。

 

 この場合は心療内科を受診して、適切な薬を服用することによって症状が改善するケースがあります。

 

 そのため、心電図で異常なしという診断が出た場合は、心療内科の受診も視野に入れると良いでしょう。

 

 また、食生活の乱れによっても脈拍が飛ぶ症状が出ることがあります。

 

 特に深酒が続いた場合は、自律神経の乱れを引き起こす事があるために、その結果として脈拍が飛ぶことがあります。

 

 この場合、症状の改善としては規則正しい食生活を心がけることが大切です。

 

 次はこちらの記事です。
 不整脈の治療に市販薬は効果あるのか?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。