脈圧 低い 原因 対処

脈圧が低い!その原因と対処法は?

 脈圧が低いのは、どのような原因があるのでしょうか。
 その対処はどうしたらいいのでしょうか。

 

 一般的に、脈圧が低いというのは、血圧は心臓が収縮するときの収縮期血圧と拡張期血圧の差で表します。

 

 この差の数値が、25から30mmHgだと差が小さいとされて、脈圧も低くなります。

 

スポンサーリンク

 

 主な原因には、心臓の機能が低下していたり、複数の病気が要因だったりします。

 

 また、収縮期血圧が90mmHg以下の低血圧症や薬や食品などのアレルギー反応を起こしたときにも起きたりします。

 

 他の原因では、最近が血液に入って起きる敗血症性ショックや、大きな傷で起きる出血性ショック、心筋梗塞で起きる心原性ショックなどがあります。

 

 心臓の病気でも起きることがあり、拡張型心筋症や心不全などの病気です。

 

 それ以外でも、血管の病気やリウマチ熱、動脈硬化などでも起きやすくなります。

 

 がんの移転や、肝硬変などでも起きることがあるので、原因を確認するには専門の医師の診察が必要です。

 

 脈拍が40以下で脈圧が低いときには、軽く動いたたけでも、動悸や息切れなどが起きやすくなります。

 

 このときは、心臓の機能も低下していて、心不全なども起きやすいです。

 

スポンサーリンク

 

 対処法には、ペースメーカーを埋め込む方法があります。

 

 この機器が、直接心臓に刺激を与えて脈拍数をあげて調節します。

 

 また、脈圧が低いときには、貧血の可能性もあります。

 

 この場合、先に貧血の検査をしてから、対処方法を考えた方がよいです。

 

 他にも、生活習慣の乱れやストレス、飲酒や喫煙、肥満などが原因で脈圧が低いこともあります。

 

 そのため、病院での診察や治療以外にも、日常生活の見直しも大切になります。

 

 過剰な飲酒や喫煙は避けて、適度にストレスを発散し、バランスのよい食事と睡眠、そして運動などをすることでも、改善していくことが出来ます。

 

 医師の治療と、普段の生活を改善していくことが重要です。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。