不整脈 期外収縮 マグネシウム

不整脈の期外収縮にはマグネシウムが効果的?

 不整脈の期外収縮にはマグネシウムが効果あるのでしょうか。

 

 不整脈の20%くらいは普通に暮らしていても影響はないですが、中には致死的なものもあるので、もし症状を感じたときには専門の医師に相談した方がよいです。

 

スポンサーリンク

 

 不整脈の治療法には、カテーテルや薬物、手術などがありますが、そのどれで治療をするかは症状や副作用などによって異なってきます。

 

 薬物の場合、効果はそれほど高くなく、副作用も大きいのが欠点です。

 

 また、不整脈は、心筋梗塞などの心臓病関連の病気以外にも、高血圧や閉経、アルコールの取りすぎや、ストレス、マグネシウム不足などでも起こりやすくなります。

 

 不整脈の症状がある人は、日頃の生活も注意していくことが重要になります。

 

 不整脈には、主に三つに分類される症状があり、期外収縮はその一つです。

 

 期外収縮は、脈が飛んだり、抜けたりして、洞房結節以外の場所で、電気信号が発生したときにおきます。

 

スポンサーリンク

 

 心房性期外収縮は、異常な電気信号が心房から発生する場合で、肺静脈や上大動脈などからも信号が発生することもあります。

 

 心室性期外収縮は、異常な電気信号は心室から起こる場合です。

 

 また、症状が軽くて薬やカテーテルなどの治療が必要ないときには、サプリメントなどを摂取して、血液をさらさらにすることで改善することもあります。

 

 マグネシウムは、心機能を助けるために服用するジキタリスや利尿剤で不足することがあります。

 

 ただ、不足しているからといっても、摂取するには注意が必要です。

 

 少しずつ摂取するように心がけて、1日150ミリgから取るようにします。

 

 他にも、オメガ3系不飽和脂肪酸や亜鉛なども改善するにはよいとされています。

 

 症状が軽く、サプリメントなどを摂取するときでも、やはり一度は医師の診察をうけてから、本当に効果があるかなども相談してからの方が安心です。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。