動悸 不整脈 対処法

不整脈による動悸!その対処法は?

 不整脈によって動悸が起きたらどう対処したらいいのでしょうか。

 

 疲れやストレスが溜まりやすい季節や環境下で注意したいのが不整脈で、心臓の病気として不安感を持つ方も少なくはない症状も突如として現れる場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

 心臓が血液を送り出すためのリズムを刻む脈拍が乱れることにより、心臓や冠動脈などに問題が生じてしまうことも実情として挙げることができます。

 

 ですが、不整脈の原因の1つである心臓疾患以外にも高血圧、甲状腺異常のある方にも不整脈が出やすい傾向が見受けられるのも実情ですし、さらに疾患とは関係なく、加齢や疲労、ストレスの積み重ねによっても引き起こされるケースも増えています。

 

 メカニズムとしては、洞結節と呼ばれる電気信号によって心臓は正しい収縮と弛緩を行い、血液を全身に送り出していますが、電気信号に乱れが生じることにより、拍動リズムが不規則になり、脈の乱れに繋がります。

 

スポンサーリンク

 

 特に、症状として動悸がある場合には頻脈の可能性が高く、脈拍数の増加に伴い、動悸を引き起こし、めまいや吐き気などを伴うケースもあります。

 

 通常、心臓は1分間に60回程度の脈を打ちますが、1分間に140回以上にもなる場合には心室細動や心房細動などの危険性もあるため、対処法としては早めの医療機関の受診と検査を受けることが大切です。

 

 しかしながら、通常は生活に支障が出るケースは少なく、高齢で動悸が長引く場合や、胸に違和感がある場合に医師に相談することが大切です。

 

 万が一、動悸が起こった場合の対処法としては、身体を安静にし、一時的に様子を観察することがポイントで、ゆっくり深呼吸を行うことにより、脈拍の乱れや動悸も治まる場合があります。

 

 ストレスや疲れが原因である場合には、普段の生活習慣の見直しにより改善できる症状です。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。