不整脈 動悸 症状 原因 治療

不整脈の症状と原因、治療や予防について

 皆さんは、不整脈という言葉を聞いたことがあると思います。 

 

 もしかしたら、健康診断の心電図検査で「不整脈がありますね」、なんて言われたこともあるかもしれません。
 わりと身近に聞く言葉ですが、どういう症状なのか知っていますか?

 

スポンサーリンク

 

 私達人間の心臓は生涯止まることなく動き続けますが、そのリズムは1分間に60〜100回と規則的に稼働しています。

 

 不整脈になると、この心臓の動くリズムに狂いが生じてきます。

 

 軽度の症状では日常的に起こることもあり、それほど心配することはありません。

 

 しかし、重度な症状となると、脳梗塞などを引き起こし、突然死に至ることもある怖い病気なのです。

 

 このサイトでは、不整脈についての様々な症状とその原因、対処方法や予防方法などについて、分かりやすくご紹介していきます。

 

不整脈って何?

 心臓は一定のリズムで動いており、そのリズムは通常1分間に60〜100回程度となっています。
 しかしながら、このリズムがズレて遅くなったり、速くなったり、また飛び飛びになったりすることがあります。
 このような乱れを総称して、『不整脈』と呼んでいます。

 

スポンサーリンク

 

不整脈が起きるとどういう症状が現れるの?

 不整脈は、主に3つの種類に分けられます。

頻脈性不整脈

 頻脈性不整脈とは、脈拍が速くなり、動悸を伴なうことが多い不整脈です。
 症状が酷くなると、脈拍が1分間に200以上となり、心臓から送り出される血液が不足してしまうことで血圧低下が起こったり、失神したりすることもあります。
 脳梗塞などを引き起こし、突然死に至ることもあります。

 

徐脈性不整脈

 徐脈性不整脈とは、頻脈性不整脈とは逆に脈拍が遅くなります。
 症状が酷くなると、心臓が数秒間に渡って止まってしまうこともあります。
 それ以上に渡って心臓が停止すると、ふらつきやめまい、失神などを起こすようになります。

 

期外収縮

 期外収縮とは、通常のリズムとは違った周期で心臓が脈を打つようになります。
 胸が締め付けられるような感覚が数十秒起きるようになります。

 

不整脈が起きたら、どうすればいいの?

 軽度の不整脈であれば、それほど心配することはありません。
 動悸や胸の締め付けられるような感覚などで不整脈が疑われた場合には、早めに医師の診断を受けるようにします。
 基本的には心電図検査での診察になりますが、1回の測定では充分な検査ができない場合には24時間の心臓の稼働を調べる「ホルター心電図」が必要になることもあります。

 

不整脈にならないようにするには、どうすればいいの?

 基本的には、生活習慣を規則正しくすることです。
 過度の喫煙や飲酒は避け、充分な睡眠と栄養バランスのよい食事をすることで、不整脈を始めいわゆる成人病の予防にも繋がります。

 

 次はこちらの記事です。
 もしかして不整脈?症状をチェックしてみましょう!

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。